お知らせ

「壱岐-福岡ヨットレース 2017」開催情報-7

2017年7月02日

特製ラベル焼酎7月17日(月・祝)の海の日に開催される博多ヨットクラブ主催の壱岐→福岡間のヨットレース、今年は前日に前夜祭も行い参加艇同士の交流・親睦を深めるとともに、壱岐の皆様との触れ合いも計画しています。レース参加艇は25艇。前夜祭が楽しそうだからとクルージングがてら壱岐を訪問して前夜祭だけに参加する皆さんが4艇です。レースまであと2週間、それまでに梅雨が明けてくれることを祈るばかりです。今回はレース開催を記念して、特製ラベルの壱岐焼酎を作ってみました。前夜祭会場でお買い求めください。ただし数量に限りがあります。

子供たちのクルーザー体験セーリング

2017年7月01日

博多ヨットクラブの新規事業として2016年からスタートした「Cross Over事業」の一環でジュニアのクルーザー体験を行っています。日頃クルーザーに触れ合う機会がない子供さんたちにヨットの楽しさを肌で感じてもらい、若いセーラーが育っていくことを期待して体験セーリングを実施しました。福岡市ヨットハーバーが実施する子供さんや親子向けのヨット教室などへの参加者を対象に、クラブとして積極的に協力していこうというものです。

7月1日(土)は福岡市西区壱岐校区の子供会から小学生を中心に51名(引率の親御さん10名含む)が参加し、5艇のクルーザーに分乗してセーリングを楽しみました。10時からクラブハウスでハーバー職員から乗船にあたっての注意事項を聞いて、協力していただく各ヨットの船長さんの紹介の後、各自ライフジャケットを着用してヨットに乗船しました。博多ヨットクラブからは“翔風(柴田艇長)”と“ZEPHYRUS(明石艇長)”の2艇が協力し、他にハーバーが手配した3艇の合わせて5艇で10:30に出港しました。

DSC05307DSC05308DSC05313DSC05319

DSC05325DSC05326DSC05321IMG_8407

梅雨の中休みか夏の日差しが照り付け、出港直後は5ノット前後の弱い風でしたが、その後北寄りの順風で絶好のセーリング日和りとなりました。能古島横の象瀬をぐるっと回って帰ってくる1時間程度のセーリングでしたが、途中から14ノット前後に風速がアップし、ヨットが大きく傾くと子供たちからワーワー、キャーキャーの歓声が飛び出し、スプレー(波しぶき)も浴びてヨットの醍醐味を十二分に体感して本当に楽しそうにしていました。それでも安定して前進するヨットの不思議を経験し、11時半頃には全艇無事にヨットハーバーに帰港しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERADSC05330DSC05332OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERAIMG_8445DSC05335IMG_8470

夏休みに入ると福岡市ヨットハーバーでは子供さん向けの事業が目白押しなので、博多ヨットクラブとしてもできる限り協力していく予定です。会員艇のオーナーの皆さん、ご協力をよろしくお願いします。

本部船運営記。2017年第4レースは“MALOLO”さんでした。

2017年7月01日

 6月18日(日)の第4レースは“MALOLO”さんに本部船を担当していただきました。

DSC05297DSC05298今日の日中は快晴で、北の風、10ノット前後と絶好のレース日和です。8時半には本部船メンバー、レース委員長ほかHYC役員も集合し、レースコースをどうするか相談して今日は「湾内コース」の日なので、能古島横の象瀬を反時計で回って、沖合の机島を反時計で回る12マイルのコースに決定しました。本部船運営メンバーは二手に分かれて、船にマークブイや信号旗などの運営用品を積み込み、クラブハウス2階ではレース参加受付の準備に当たりました。受付は9:30~10:00ですが9時前から続々とエントリーがあり、10:00の受付終了で今日の参加は23艇。

DSC0530310時半前にはスタートラインが設置され、各艇セールを上げて心地よい順風の中をタックやジャイブを繰り返してウォーミングアップで体をほぐしてスタートに備えます。11:00丁度にスタート信号が発せられ、各艇一斉に飛び出していきました。スタート直後に長音一声とX旗が掲揚されたのでリコール艇があったようですが、スタートラインに戻ってリコールを解消したとのことです。第1関門の象瀬を通過して第2関門の机島に向かいますが、この第2レグはちょうど真上りになるため、東海面、西海面に大きく分かれました。風のシフトに合わせてタックを繰り返しながら距離を稼ぐ艇、長くロングコースを走る艇と様々で、それぞれに軽快な走りを楽しんでいました。

IMG_2347IMG_2409IMG_2491IMG_2451

IMG_2533IMG_2432IMG_2450IMG_2447

机島までの往路では風速は8~12ノット。机島を回航してからのフリーでは12~14ノット、ブローで16ノットと絶好のコンディションとなり、色とりどりのジェネカーやスピンを展開して初夏の博多湾を疾走しました。

IMG_2568IMG_2582IMG_2590IMG_2604

13:11:19に新艇のHP艇“ENTERPRISE LILY”(K-36 SAMURAI)が1着でフィニッシュ。3分遅れの13:14:12に“Humming bird Ⅴ”が2着、13:14:58に“May be”が3着でフィニッシュしました。今回艇を買い替えて初参戦の“Le Grand Bleu”さん。HP艇の「アーシャンボー M-34」は5着でフィニッシュ。今後の走りが楽しみです。後続艇も次々にフィニッシュして無事にレースが終了しました。今日はコンスタントに風が吹き続き、どの艇も満足の走りができたようでした。参加艇の皆様、また本部船を運営した“MALOLO”の皆様、本当にお疲れ様でした。来月の第5レースは「壱岐レース」です。HYCレースとしては初めての「前夜祭」をスタート地の壱岐の島で行いますので、大いに盛り上がりましょう。

[以下は本部船”MALOLO”Sオーナーのレポートです]

6月18日HYC第4戦レースには申し分のない絶好のコンディション。湾内コースで象瀬、大机島、小机島反時計周り。スタート11時、リコール艇あり後解消で、全23艇無事スタートしました。ちょっと一安心!

IMG_2670IMG_2329実はこの日MALOLO PEPEを投入しており人員不足でありましたが、急遽F大ヨット部のジャーマネにお手伝いいただきスムーズな運営ができました。心より感謝です。レースの方は本部船付近終始順風が吹いており早い展開になると予想しておりましたが、沖のほうはそれほどでもないようで した。それでも13時過ぎには、HP艇を先頭に大型艇と次々にフィニッシュ。14時過ぎにはオールフィニッシュすることができました。MALOLO PEPEはと言うと沢山遊んで遊び疲れて14時過ぎに帰ってまいりました。『いいんです 楽しければ⁉️』 This is the spirit of MALOLO!!

博多ヨットクラブ第4戦 、皆様方のお力添えにより無事楽しいレースを終えることができました。ありがとうございました。

尚、全艇のスタート、フィニッシュ時のビデオ撮影をしておりますご入用の方はご連絡ください。 -MALOLO 佐藤-

「壱岐-福岡ヨットレース 2017」開催情報-6

2017年6月26日

壱岐市並びに壱岐市観光連盟の後援を得て開催する、夏の玄界灘を疾走するヨットレース。今年は24艇の参加申込みがあっています。また、レースにはちょっと、でも前夜祭は楽しそうだと、前夜祭だけ参加するヨットが4艇。前夜祭では多くのヨット仲間や壱岐の皆様との交流を図り、壱岐の郷土芸能の披露などで楽しい集いとなるように準備を進めています。

参加を考慮している皆さん、今からでも申込みはOKです。今週中にお申込みください。お待ちしています。

「セーリング講習会」延期のお知らせ

2017年6月21日

6月25日(日)に予定していた「プロセーラー高木 裕のセーリング講習会」は、昨年は15艇45名の参加がありましたが、今年は皆さん都合が付かなかったのか参加希望者が少ないため、9月24日(日)に延期して開催します。HYC会員様にはすでにお知らせしています。

講習内容は、予定していた◎キールボートのハンドリング・テクニックと◎ジェネカーやスピンのホイストとジャイブ、ドロップです。8月に入って再度募集の案内をしますので、HYC会員艇のみならず、多くの皆様の参加をお待ちしています。

「壱岐-福岡ヨットレース 2017」開催情報-5

2017年6月15日

今年の夏は愛艇でトロピカルアイランド「壱岐」へ行きませんか。

7月17日(月・祝)に壱岐→福岡のヨットレースを開催しますが、16日(日)に現地で前夜祭を行います。レースにはちょっと自信がない、レースに出たいがクルーが揃わないと言われる皆さん、前夜祭だけでも参加しませんか。そして翌日はのんびりと壱岐観光でも楽しまれ、それぞれ母港へお帰りください。

夏の一日、壱岐の島で多くのヨット仲間と交流を深め、地元の皆様とも触れ合う絶好の機会です。アトラクションとして壱岐の郷土芸能(太鼓や踊り)の披露も予定していますし、麦焼酎発祥の地の美味しい焼酎と料理で楽しい思い出を作りましょう!現在のレース参加申込みは21艇です(6月20日締め切り)。

参加される方は、参加申込書に「前夜祭のみ参加」と明記のうえ、必要事項を記入してお申込みください。レース参加費(1万円)は不要で、前夜祭参加費のみお支払いください。ヨットの係留はこちらが手配している郷ノ浦港の泊地を利用できます。

 [参加申込書(前夜祭のみ )pdf]  [参加申込書(前夜祭のみ)Word]

「壱岐-福岡ヨットレース 2017」開催情報-4

2017年6月10日

「壱岐-福岡ヨットレース2017」の参加申込み受付は6月20日(火)までです。すでに19艇の参加申込みがあっています。

参加資格として「レースに有効なヨット保険に加入していること」としていますが、それ以外のヨット保険に加入しているヨットの皆さんで、何やら楽しそうなヨットイベントなのでぜひ参加したいと思われる方はオープン参加として受け付けます。壱岐まで一緒にクルージングをして、現地の前夜祭で他のヨット仲間と交流を深め大いに盛り上がりましょう。また壱岐観光連盟を通じての宿泊予約についても、申込み期限を当初は5月31日までとしていましたが、観光連盟及び宿舎の好意で6月20日(火)までとします。このことに伴い、「レース公示」を一部修正しました。

 [壱岐-福岡レース公示(pdf)]  [壱岐-福岡レース公示(Word)]

「プロセーラー 高木 裕のセーリング講習会」参加者募集中!

2017年6月05日

プロセーラー 高木 裕氏を講師に迎えて「セーリング講習会」を開催します。クラブレース等に参加の皆さん、スキルアップを目指しませんか。今年の講習内容は次の通りです。

<キールボートのハンドリングテクニック編>

   タック、ジャイブ、上マーク回航、下マーク回航での船の回し方など。

 <ジェネカーやスピンのホイストと、ジャイブ、ドロップ編>

   トラブルの少ない方法のテクニック。

 午前中 : 会議室での講習と桟橋でヨットを使ってのデッキ上での講習。

 午  後 : 海上での講習。マークを2個打ってジェネカー・スピンの上げ下げやジャイブの練習。

       会議室で海上で撮影したビデオを見ながらの講習。

【日 時】  平成29年6月25日(日) 09:00~15:30

       09:00~       ハーバー集合、受付、艇の艤装

       10:00~15:30  講習

       15:30       解散

【場 所】  福岡市ヨットハーバー セーリングハウス1階会議室及び博多湾

【参加費】  一人 1,000円(当日徴収) *昼食弁当を頼まれる方は別途500円(当日の受付時に申込み)

【申込み】  参加希望の方は、艇名と人数を6月15日(木)までに事務局へお申込みください。

        HYC会員艇にあっては、艇のオーナーからお申込みください。

        会員外の方は、当ホームページの「お問合せ欄」からお申し込みください。

《講師:高木 裕氏の略歴》

大学時代にインカレ優勝、インカレ470級個人優勝、学生で初の470級全日本チャンピオン。国体優勝、アジア選手権優勝、ワールド7位、ロサンジェルスオリンピック470級日本代表11位。キールボートではジャパンカップ、パールレース、沖縄-東海レースなどで優勝多数。国際レースではハワイ・ケンウッドカップ、豪・シドニー-ホバートレース、米・トランスパックレース、チャイナシーレースなどに数多く出場し優秀な成績を残す日本を代表するセーラー。

「壱岐-福岡ヨットレース 2017」開催情報-3

2017年6月05日

ポスター「壱岐-福岡ヨットレース 2017」の参加申込み受付は6月20日(火)までです。すでに15艇の申込みがあっています。

このレースは、壱岐の夏の幕開けにふさわしい楽しいヨットレースとして壱岐市、壱岐市観光連盟の後援をいただいています。前夜祭では壱岐の郷土芸能の披露も予定しており、壱岐の皆様との交流も計画しています。観光連盟様を通じての宿泊の申込みは5月31日までとしていましたが、まだ余裕があるようですので、レース参加をご検討中の皆様は、ぜひこの機会に壱岐を訪問してみませんか。お待ちしています。

[レース公示(pdf)] [レース公示(Word)] [参加申込書(pdf)] [参加申込書(Word)]

 [宿泊申込書(pdf)] [宿泊申込書(Excel)]

博多ヨットクラブとは規約組織会員艇入会案内オリジナルグッズサイトマップ

copyright © HAKATA YACHT CLUB All Rights Reserved.