お知らせ

故 一木正治さん『散骨式』のお知らせ

2013年6月17日

さる5月1日未明、アリランレース参加のため韓国・釜山へ回航途中に大時化の対馬北方海上で不慮の死を遂げられた故 一木正治さんの「四十九日」の法要が、6月29日(土)午後1時30分から太宰府市の「西正寺」で営まれます。

翌日の30日(日)にはご遺族の希望もあり、故人が最後までヨットで楽しまれた博多湾で『散骨』を行います。故人がクルーとして乗り込んでいた「METAXA号」が午前10時に福岡市ヨットハーバーを出港し、能古島西側の「象瀬」近くまで機走で航行し、午前10時20分頃に「METAXA号」から音響信号(長音一声)が発せられます。参列の各艇におかれましては「METAXA号」を中心に周りを囲むように集結していただき、参列の各艇もフォグホーンをお持ちでしたら呼応して長音一声を発していただき、『散骨』に合わせて合掌をお願いします。なお献花用のお花を「METAXA号」でご用意しますので、ご希望の艇は午前9時45分にヨットハーバークラブハウス前(岸壁側)にお越しください。

当日は故人のご子息もお見えになり、故人との最後のお別れになりますので多くの海の仲間にお集まりいただくようにお願いいたします。当日は雨天(小雨)でも決行します

大型のカタマラン艇寄港中

2013年6月17日

6月15日、福岡市ヨットハーバーに見慣れぬ大型のカタマラン艇がやってきました(T-1バースに一時係留中)。IMG_0915右舷サイドステイの上方に小さな日の丸が上がっていますので外国から来られたのでしょう。スターンのフラッグポールにはボロボロになった星条旗が付いています。

翌16日は博多ヨットクラブのレース、出港のための艤装をしていると、お隣のカタマランのキャビンに人の気配があります。さっそくご挨拶すると、感じのいいご夫妻が、ここが私たちの住まいよ、どうぞ入って!と中を案内していただきました。IMG_0954 ご夫妻はアメリカから来られた、Dave Funkさんと奥様のGailさんです。仕事をリタイアされ、このカタマランで11年間世界中をクルージングしておられるとのこと。

船は、44フィートのFountain Pajot Venezia(1996年建造)。広々としたキャビンはとても快適そうで、キッチンにはガステーブルのほかに大きめのオーブンと冷蔵庫も完備。長い時で3週間くらい海に出ているそうで、ストッカーにはたくさんの食糧が詰め込まれていました。すべての計器類はキャビン内にあり、普段はオートヘルムに任せているそうです。スタボー側の階段下にはゲスト用の寝室が二つとシャワー&トイレ、ポート側の階段下にはマスターベッドルームとやはりゲスト用のベッドルームが一つ。洗濯機と冷凍庫もありとても豪華です。何よりも驚いたのは、ゲスト用の寝室に「ハープ」が置いてあったことです。ボロローン♪という清らかな音色のあのハープですよ。OLYMPUS DIGITAL CAMERAヨットの中にハープがあるなんて考えられないことです。奥様はハープを奏でながら歌も唄われるそうで、異次元の世界に入り込んだようでした。

日本を訪れるのは初めてとのこと。まず沖縄に寄られ、長崎~平戸と回ってきて小戸に寄港されました。このあと船を小戸に置いたまま、6月23日に一旦飛行機でアメリカに帰り、日本の台風シーズンが過ぎる3か月後の9月に福岡に戻ってきて、それから瀬戸内海をクルージングして大阪に行かれる予定とのこと。ご夫妻ともスキーが大好きで、日本でスキーを楽しみたいとも言っておられました。当分の間日本におられるようです。

ホームポートは米国・アイオワ州の「シーダーラピッズ」とのこと。OLYMPUS DIGITAL CAMERAアイオワ州って海に面していたっけ?と地図を調べてみると、同市はシーダー川の両岸に位置し市庁舎はこのシーダー川に浮かぶメイズ島にあるという世界でも珍しい都市らしい。艇名の「Fifth Season」は、シーダーラピッズ市の別名でもあるとのこと。とてもフレンドリーな素敵なご夫妻で今週いっぱいは滞在予定らしいので、機会があれば挨拶に立ち寄られてみては。

 

壱岐レースのおしらせ

2013年6月17日

壱岐レースを下記のとおり開催します。

7月14日(日)0時 スタート(予定)

受付は7月13日(土)21時30分~22時

コース:小戸ヨットハーバー前~壱岐筒城浜(七湊)

その他詳しくは壱岐レースのご案内(←クリック)をご覧ください。PDFファイルが開きます。

 

長崎県内離島限定「しまとく通貨」について

2013年6月14日

壱岐の会員艇「OLIVE号」のSさんからの耳寄りな情報です。

今年の4月から、長崎県内の離島(壱岐、対馬、五島)で使える地域通貨「しまとく通貨」という事業が行われています。一口5千円で「しまとく通貨」を購入すると6千円分の通貨が得られるという大変お得なものです(3年間の期間限定)。

7月の壱岐レースやクルージングで訪問予定の皆さんは、現地での宿泊やお土産購入などで使わない手はありません。ぜひご利用を!

詳しいことはこちらを(外部リンク)

壱岐郷ノ浦港の外来艇用浮き桟橋について

2013年6月10日

クルージングや7月の壱岐レースで訪問することが多い玄界灘に浮かぶ歴史と浪漫の島、そして麦焼酎発祥の地『壱岐島』。博多からヨットで5時間前後、高速船で1時間あまりと、ちょうど手頃な距離にあります。島の東西南北に港が位置し、特に北部の湯ノ本は「天然温泉」で有名です。そんな壱岐島にもHYCの会員さんがいらっしゃいます。今回は「OLIVE号」のS様から情報をお寄せいただきました。

島で最大の町、郷ノ浦町の郷ノ浦港(漁協西側)の浮き桟橋3基のうち1基(長さ30m)が外来艇用になっています(ヨット、モーターボート係留可)。そして この敷地内にトイレが完成しました。これから緑地化も計画されています。 この敷地は、大型クルージング船が着岸できるように埋め立てられたものです。 詳しくは、壱岐市の「いきいきネット」~メインメニューの各課のページ~ 水産課~自家用船舶でご来島のみなさまへ・・参照下さい。

壱岐市ホームページはこちら(外部リンク)

故 一木正治さん「お別れ会」が執り行われました

2013年6月05日

DSCN3318

お別れ会

当クラブ会員艇「METAXA号」のクルーでした一木正治さんが、韓国・釜山から博多までの「日韓親善アリランヨットレース」参加のため釜山港に向け回航途中、5月未明の大時化の長崎県対馬北方海上で不慮の事故でお亡くなりになられました。6月2日(日)午後4時から、生前、故人があしげく通われていた福岡市ヨットハーバーのクラブハウスでお別れ会が執り行われ、関係者をはじめ、多くのヨット仲間が参席され、故人のご冥福をお祈りしました。

IMG_1697

奥様のご焼香

福岡県セーリング連盟の秋山副会長様より、故人の経歴が紹介されました。大学時代にヨットとの運命的な出会いをされ、それ以降の人生が「海」と深く関わるようになりました。大学卒業後はヨット雑誌の舵社で仕事をされ、以前発行されていた月刊誌「Yachting」の編集長もされていました。故人が副会長をされていた日本マッチヨットレース協会の伊藝会長様からは弔辞をいただき、ご遺族であります奥様のご焼香の後、参席された多くのヨット仲間のご焼香が続きました。最後に奥様から、本当に海とヨットが大好きだった人でしたので、こんなにもたくさんのヨットの皆様に見送られて、本人も本望だったことでしょうとのご挨拶がありました。

DSCN3324

参席されたヨット仲間の皆様

3年前に出身地である福岡に帰ってこられ、知人の紹介で福岡市ヨットハーバーに係留する外洋クルーザー「METAXA号」のクルーとして、博多湾を中心に活躍してこられました。昨年還暦を迎えられ、仕事人生にもひとまずピリオドが打てたので、これからはもっとヨットにのめり込んでいこうと張り切っておられました。とにかく海が好き、ヨットに触れているときが最高に幸せ、という根っからのヨットマンでした。まだまだこれからでしたのにあまりに早すぎるお別れとなりました。故人のご冥福をお祈り申し上げます。

四十九日が終わった6月30日(日)に、ご遺族のご希望もあり、故人が最後まで楽しまれた博多湾で『散骨式』をさせていただく予定です。当日はご子息もお見えになられるとのことです。午前10時にハーバーを出港して「象瀬」周辺で行いますので、ご都合のつく皆様はぜひともヨットでご参加ください。

博多ヨットクラブ第4レースのお知らせ

2013年6月01日

2013年6月16日(日) 11:00スタート

受付はハーバー事務所2階オーナーズラウンジにて9:00~10:00まで。 レースに有効な保険加入が必要です。保険証書のコピーを未提出の艇は、当日受付で提出すること。

参加費:会員艇¥4,000/艇、非会員艇¥6,000/艇 コース:湾内(当日決定します) 本部艇:Bambino、 参加艇は船尾にHYCフラッグを掲揚すること。

昨年までと異なるのは、受付場所が変わったこと、レースに有効な保険加入が参加の条件となったことです。ご注意ください。

レーティング表はハーバー掲示板に掲示しています。 レース結果は、HYC公式ホームページ(このサイト)に発表します。

HYCレース委員長

???????????????????????????????

【HYCNo3レース】

故 一木正治さん『お別れ会』のご案内

2013年5月29日

さる5月1日、アリランレース参加のため韓国・釜山へ回航中の、当クラブ会員艇「METAXA号」クルーの一木正治さんが、大時化の長崎県対馬北方で、不慮の死を遂げられました。

つきましては、きたる6月2日(日)午後4時より、小戸の福岡市ヨットハーバーで、在りし日の同氏を知るヨット仲間が集い、故人の死を悼むために、「お別れ会」が執り行われることになりましたので、お知らせします。詳細は添付ファイルをご覧ください。     お別れ会ご案内はココ

2013年4月28日アリランレース壮行会【韓国・釜山への回航2日前の壮行会でのお姿】

ここで、一木さんのことに触れておきます。

昨年、還暦を迎えました。筑紫が丘高校出身で、大学時代にヨットを始め、社会人になってからは主に関東方面で活躍され、その後「マッチレース」に興味を覚え、16年前の1997年、アメリカスカップ・ニッポンシャレンジチームのスキッパーを務めた故 南波誠さんとフッドセールジャパンの戸谷壽男さんらと一緒に、「日本ヨットマッチレース協会」を設立し、現在も同協会理事として精力的に活動しておられたため、関東の方でよく知られていました。設立メンバーの南波さんは、同協会を設立したものの、実際の活動に一度も関わることがないまま、旅立っていかれました。

一木さんは、3年前に福岡に帰ってこられ、以来、METAXA号の中心クルーとして、博多のヨット乗りとも親交を深め、人々を引き付ける温和な性格で、頼りになる存在でした。また、HYCレースでは会員艇「Little Wing号」の主要メンバーとして活躍され、同艇の2012年総合優勝に大きく貢献されました。本当に惜しい人を亡くしました。心よりご冥福をお祈りします。

なお、関東での『お別れ会』は、6月8日(土)に葉山マリーナで執り行われる予定です。

                                                    博多ヨットクラブ 会長  山田義二

博多ヨットクラブ・ホームページを開設しました。

2013年5月29日

皆様お待ちかねの「博多ヨットクラブ・ホームページ」を、本日開設しました。

ページのデザインや掲載する項目などを役員会で何度も検討して、ようやくクラブのホームページを作成しました。今後とも、会員の皆様からのご意見や要望などをお受けして、クラブライフのますますの充実を目指してまいります。

管理者の事務局はホームページ初心者ですので、不具合や誤りが発生して、皆様にご迷惑をおかけすることもあろうかと思いますが、そこはご愛嬌でご容赦ください。

レースの案内や結果、事務局からのお知らせだけでなく、会員の皆様のヨットにまつわる楽しいお話(クルージング、海水浴、魚釣り、キャビンパーティーなど)も掲載していく予定ですので、事務局まで話題をお寄せください。

                                            平成25年5月29日 博多ヨットクラブ事務局

博多ヨットクラブとは規約組織会員艇入会案内オリジナルグッズサイトマップ

copyright © HAKATA YACHT CLUB All Rights Reserved.